緊急事態宣言!指くわえて待っていても好転しない環境は自ら変えよう!

アットホーム留学プロデューサー
サンシャインマキです。

緊急事態宣言を
ピンチと捉えるか
チャンスと捉えるか。

コロナ禍。

指くわえて
何もせず傍観していたら

間違いなく
「ピンチ」の方に
動くでしょう、なぜならば

世の中は否応無しに
大きく変化しているから

私たち自身も
大きく変化することを
求められいているんです。

であれば

こういう時こそ

●自分が本来やりたいこと
●貴重な時間を割いて
叶えたいこと

に挑戦する機会に
しませんか?

私たちアットホーム留学は
今回の緊急事態宣言を受けて

チーム一丸となって
ピンチをチャンスに変える
チャンスプロジェクト
を他の起業家仲間と
立ち上げました。

「Tinkerland
チャンスプロジェクト」

139505328_1488254651379970_695688425065811016_n.jpg

 

一人で変えよう・変わろうと
挑戦するって

とても心細いし、
どうしても今までの自分の
当たり前に戻ってしまったり
できなくなるタスクの山に

自分への嫌悪感とか
自信のなさが出てきてしまい

また手が止まってしまう

そんな経験はありませんか?

こうやってチームで&
他の起業家仲間と
動き出したことで

大きくみんなで
舟を漕ぎ出しました。

プロジェクトメンバーの
ティーチャーMiekoさんから
届いたメッセージを
ご紹介しますね。

 

Before

“自分との約束を守れない
自分に罪悪感ばかり感じ、
「出来ないことを振り返り
どうしたら出来るようになるか?」
ということの考えにも
いかないくらい、
自分を勝手にがんじがらめに
していました。

そして、勝手に
「今の自分でできること」を
自分の当たり前で
探しまくっていました。”

 

After

「常に『自分の強いやる理由』
に立ち戻り、感情と
対話したことで心の中の炎を
ずっと燃やし続けられています!

 

自分を信じて
ティンカーベルのように飛んで
私のことを必要としている
お客様に出会います!

みんなのおかげです!!」

 

Miekoさんとは実はまだ一度も
お会いしたことがありません。

だけど、
孤学・孤育てがはびこる
コロナ禍の今

めちゃくちゃ「繋がっている」
と感じられるのは

こうやってみんなで一緒に
動き出した船に

乗る決断をしたから!

 

ピンチの時代から
チャンスへと変化させたかったら

一緒に挑戦して
みませんか?

「ティーチャー説明会」
詳細・予約は今すぐこちら▼▼

自由に時間と場所が選べる英語のシゴトで、

子どもが憧れるママになる働き方

子どもがいるから「できない」シゴトではなく、

子どもがいるから「できる」シゴト。
一度しかない人生、叶えたい働き方を
実現する挑戦をしてみませんか?

\ 人生変えたかったら会いにきて! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる