夫の経済力がないと生活できないから“我慢している”主婦でした。

今でこそ自分のシゴトで
娘との“ぼうけん”や“挑戦”を
楽しめる時間もお金も
手に入れられるように
なりましたが


私自身、結婚当初は
家で家事・育児だけをしている


“専業主婦”でした。


高学歴・高収入の夫のおかげで
衣食住に困らず
お金にも困っていない

「幸せな奥様」と
思われている

 

だから

「悩んでます」なんて
言ったら、とんでもなく
バチが当たると思って、

言えなくて、、
我慢してました。

だけど、、

生活費以外は
まったく自由に使える
お金がなく

夫の誕生日プレゼントに
買ったものに

「もう似たようなもの
持ってるから、
いらないよ。返品して。」

の冷たい言葉。

私が旅行を計画しても
全てが
「もったいない」と
キャンセルになる。

結婚後の夫は
私とのコミュニケーションが
ことごとくすれちがう人でした。


いつしか自分の
感情を押し殺し

何か言うと、すると
冷たくあしらわれると
ビクビク怯える生活に
なっていました。

娘は毎晩夜泣き。

それに対しても
私や娘に心配したり
思いやりを見せず


むしろ迷惑そうな夫、、、



いつも泣く娘を抱えて
他の部屋に逃げる生活。

もしも離婚したら
生活はどうなるんだろう?



子どもを進級させて
あげられないほど

困窮するのでは?


なかなか離婚に
踏み切れませんでした。


だから
ほんとうはこのままの
人生じゃなく

自分と子どもの可能性に
もっと賭ける生き方がしたくても


旦那さんの顔色を
うかがってしまう

旦那さんの決断が
全てになってしまう
ママの気持ちが・・

よくわかります。


ですが、
思い切って娘を連れて
家を出たその日から


娘はまったく
夜泣きをしなくなりました。


私のストレスを
見えないところで感じ取り
“夜泣き”という形で
体を張って表していたのは
娘だったんです。

私が起業したのは
娘を鍵っ子にしない
泣いたらすぐに飛んでいける

抱きしめてやれる

そしてふたりで
楽しく笑いあいながら

娘も、そして私も
思いっきり持てる力を伸ばし



お金がない、と
子どもの可能性を

閉ざすことのない
新しい生き方を
つくりたかったから。


そんなママと子どもたちの笑顔を
日本中、世界中にひろげたいから。

ここから毎日
この約束を果たす
挑戦がスタートします。

IMG_4455.JPG

コロナが完全に終息してない今
海外に旅行したり留学することが
ハードル高くなっています。


だけど一方で
アメリカの大学の授業を
日本で受けられたり


英語でコミュニケーションが
取れれば

グローバルに活躍できる時代に
なっています。

皆さんは、

将来世界に貢献する人財を
おうちで育てているんです。

ママがハーバードを
出ている必要はありません。

ママがお子さんとの日常会話で
子育てが楽しくなり
お子さんのグローバルな
コミュニケーション能力を
養っていける



しかもそんなメソッドを
手渡せる“志事”にさえもなる

環境を私が用意しています。

IMG_7C6D79AE167C-1.jpeg

 

あなたの背中は
お子さんが
追って行きたい背中ですか?

自由に時間と場所が選べる英語のシゴトで、

子どもが憧れるママになる働き方

子どもがいるから「できない」シゴトではなく、

子どもがいるから「できる」シゴト。
一度しかない人生、叶えたい働き方を
実現する挑戦をしてみませんか?

\ 人生変えたかったら会いにきて! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる