親子の英会話で子どもたちの英語力がぐんと伸びる! 考える力, 調べる力, 伝える力, しつもん力, アイデア力も同時に身につく「教えない教育」に向けた新しい英語楽習

創始者マキのブログ

プログラミングの第一人者と話しました。【複製】

投稿日:

実は【英語で起業したい人向け】
のメルマガ配信しています。
そしてそちらのメルマガでは
ご案内が進んでおりましたが・・


明日、こんな小冊子を
先行リリース予定です。

MAKI拡散.jpg

こちらからもダウンロード
できるようにしますので
アットホーム留学ティーチャーに
興味がある♡方は
要チェック!

▼▼

昨日のメルマガには
たくさんの方々から
メッセージをいただきました。

(返信ができてなくて
ごめんなさい!
全部読んでます!)

 

ほんと日本の教育

いろいろ親の私たちが
本腰入れて考えないと
いけない世の中に
なってきていると思います。

 

今日は
プログラミングの第一人者の
方とお話する機会を
いただきました。


彼は、プログラミングの技術
だけではなく
プログラミング的思考や
ビジネス思考を学ぶこと
大事にされている方です。

 

 

質疑応答の時間で
数点質問させていただきました。

「これからの
小学校で取り入れる
プログラミングについて」

 

 

A:学校側はまだまだ
形式上のもの。

先生がプログラミングそのものの
本質を短期間で知るのは
非常に難しい。

本質というより
ノウハウ的なところも
簡単ではない。


先生が本来の授業の目的
「個人の特性を
伸ばすような教育」
して行くには時間がかかる
 

だからこそ、

「個人の特性を
見極めてくれる人の存在」
がとても大事になってくる

(マキのつぶやき)
ほんと、これ、
英語教育も同じですわ。

「なぜビジネス思考的な
要素を取り入れているのか」

 

A:大手企業の新人研修など
多数受け持って、
有名大学卒の子達であっても
日本では

働くこと
ビジネスへの教育を
全く受けてきていない

から教育が大変

これからの時代は
小学生くらいの頃から
この力をつける必要が
あるから

 

(マキのつぶやき)
ほんと、これ、
英語教育も同じですわ。

 

日本の小学校では
今年から
英語もプログラミングも
必修化になりましたが

 

その学習を通じて
子供にどんな力を
手渡していきたいのか

 

このゴール設定が
全くなされていなければ

 


単なる「教科」で、
学びというプロセスで
終わってしまうでしょう。

 

 

だけど、
英語やプログラミング思考を
小さい頃から

明確なゴール設定を持って
子どもも楽しめる環境の中で
取り入れたら

 

それらを実践で使いこなせる
子どもたちが育って、

 

将来の可能性が
ぐんと広がります。

子供の通過点である
学校に入学、などの
要素だけで勉強させるか

 

 

子供の未来の選択肢を
広げるために
今から目的意識高めて
何を取り入れると決めるか。

 

 

鍵なのは

 

「個人の特性を
見極めてくれる人の存在」

英語教育に関しては

だと断言できます。

自分の子供に最適な
英語の学びを
取り入れていきませんか?

アットホーム留学個別相談で
具体的にお話します。

8月満席、9月日程公開スタート
▼▼
%%%_LINK_22950_%%%

━★☆★・・‥…―━━━━━━━━

アットホーム留の最新情報をGETしたい!
アットホーム留学そのものを知りたい!
普段の親子の会話英語を取り入れたい!
という方は、 今すぐ
無料「音声」
メルマガにご登録ください。
メルマガ
(ezwebの場合は、HTMLメールが送れない可能性がありますので パソコンのアドレスをおすすめいたします。) 

受けられる3つのカタチ

受けられる3つのカタチ

体験会に参加する

体験会に参加する

 

個別相談

個別相談

 

アットホームサロン

アットホームサロン

 

サンプル動画フルバージョンダウンロード

-創始者マキのブログ
-, , , , ,

Copyright© アットホーム留学オフィシャルサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.