親子の英会話で子どもたちの英語力がぐんと伸びる! 考える力, 調べる力, 伝える力, しつもん力, アイデア力も同時に身につく「教えない教育」に向けた新しい英語楽習

「しつもん力」セミナー 「しつもん力」セミナー開催レポ

子供との会話を改善する大きな気づきが得られました!【アットホーム留学しつもん力セミナーを再受講して By Y.O.さん】

投稿日:

6歳男の子のママ、
Y.O.さんが、

親子の会話が英語の教材になる!
子どもたちの「英語力」がぐん!と伸びる
ママ・パパの「しつもん力」セミナーを

再受講したご感想をくださったので
ご紹介させていただきます。

   今回のセミナーテーマ(交渉)を再受講して感じた事・気付いた事

親子の会話は日々交渉だと
最近ますます実感している。

年長さんになり、
自分の意見をはっきり
主張するようになってきた。

したい事も明確になってきた中で、
日々時間を意識しながら
やならくちゃならないことを
どうやってやらせるかという
バトルが常にある

今日のセミナーで
「Be a good model」
「Let children work out the problem」
特に気づきとして印象に残った。

息子にどうするのか委ねておきながら、
結局は私自身のして欲しい
(答えてほしい)方へ

いかにもっていくかってことを
意識してしまっていたなぁと反省。

段々息子はイライラした口調になるか、
急に何をするにもノロノロ
しょぼしょぼとした態度に
なったりすることが多々あった。

お互いが納得のいく答えを
導き出せていないからだったんだ!
と腑に落ちた。

そして何より「Praise!!!」これだ!
一番難しいけれど、
まず何よりこれが大事だ。

これができなきゃ
何でも話せる絆は築けない

私はここが最近
できなくなっていたのだと感じました。
子供との会話を改善する
大きな気づきが得られた。

 

   プレゼンで印象に残ったことと、その理由

全体の印象として、
親子の会話を純粋に楽しめてるな
って感じました。

よく観察して会話を拾っているし、
まずは否定しないで受け止めている

そのリアクション一つで
会話がどんどん広がる。
ステキなエピソードが満載でした。

改めて興味に寄り添う、
好きに寄り添うことで、
何が好きがという事実を
知っているだけではない。

どうしてそれが好きか
興味があるのかという
心や感性に寄り添うこと
つながるんだなと感じました。

質問力って面白い

 

  日々の生活に取り入れたい!と、心新たに決めたことと、その理由

息子に対してして欲しい、
こうなってほしいってことばかり
押し付けない

子供からの話、意見等を否定しない
まずは受け止める。
そのためにちゃんと話に耳を傾ける。
英語を音で楽しむ。

しつもんは意識していたけれど、
まずは受け止めるっていう
一番大事なところが抜けていた…

そのため、ママは僕の話を聞いてくれない
と子供に思われていた。

私的にはこんなにいろいろ質問して
聞いているのに?なんで?
って感じだったけど、

実際改めて会話を見直すと
自分の欲しい答えになるように
一方的に説得していて、
折り合いをつけるような会話に
なっていなかった

年長さんになって主張も達者になり
周りのお友達との関わりも変わってきて、
今までのようにはいかない会話に
違和感があった。

軌道修正して交渉すら
楽しめるようにします。

 

 

何度受講しても、
たった3時間のセミナーで、

たくさんの学びや気付きを得られる
しつもん力セミナーって?

興味がおありの方は、
コチラから↓↓

しつもん力セミナーって?

英語×子育て=
しつもん力があれば無限大の可能性!

しつもん力セミナーを

もっと詳しく知りたい!方は
▷▷今すぐこちらをチェック◁◁

しつもん力セミナー

無料音声メルマガ登録

アットホーム留学そのものを知りたい!
普段の親子の会話英語を取り入れたい!
という方は、
今すぐ
無料「音声」
メルマガにご登録ください。

メルマガ

(ezwebの場合は、HTMLメールが送れない可能性がありますので
パソコンのアドレスをおすすめいたします。) 

━★☆★・・‥…―━━━━━━━━

アットホーム留の最新情報をGETしたい!
アットホーム留学そのものを知りたい!
普段の親子の会話英語を取り入れたい!
という方は、 今すぐ
無料「音声」
メルマガにご登録ください。
メルマガ
(ezwebの場合は、HTMLメールが送れない可能性がありますので パソコンのアドレスをおすすめいたします。) 

-「しつもん力」セミナー, 「しつもん力」セミナー開催レポ
-, , , , , ,

Copyright© アットホーム留学オフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.